中国語Web制作サービス「Chinaplats Web」

中国語Web制作サービス「Chinaplats Web」

「Chinaplats Web」は、「かゆいところに手が届く」きめ細やかな中国語Webの制作サービスです。...
中国EC参入支援サービス「Chinaplats Biz」

中国EC参入支援サービス「Chinaplats Biz」

「Chinaplats Biz」は、中国市場でのビジネスを指向する日本企業様に最適の、総合的な支援サービスです。...
中国最大級のECシステム「Chinaplats EC」

中国最大級のECシステム「Chinaplats EC」

日中両対応のECソリューションの決定版、チャイナプラッツ。 中国向けEコマースに最適のソフトウェアパッケージです。...

Recent Blog Posts →

“淘宝商城”事件から見えてくる中国ネット市場の現状

“淘宝商城”事件から見えてくる中国ネット市場の現状

中国最大のB2Cモール“淘宝商城”が先ごろ(10月10日)、出店企業向けに2012年の募集ガイドラインを発表しました。それによると、出店企業から徴収している技術サポート費用を、現在の年額6000元(約8万円)から大幅に引き上げ(3万元=約38万円、6万元=約76万円の2種類)、また出店企業違約保証金制度を導入します。出店企業違約保証金制度とは、出店企業に対して契約時に最高で15万元(約190万円)の保証金の支払いを求めるものです ガイドラインの変更は、すでに出店している企業も含め、すべての出店企業に適用されます。出店の継続を希望する場合は2011年12月26日までに、新たに出店する企業は出店契約締結時に、技術サポート費用、違約保証金を一括で支払わなければなりません。

大躍進が期待される化粧品のネット販売

今回は“美麗経済”(ビューティー経済)と呼ばれるマーケットの一角、化粧品のeコマース展開についてご紹介します。 中国では、ここ20年来の経済発展とともに、化粧品も世界最大の新興市場に成長、外国ブランドに加え、“美加浄”“六神”などに代表される国産メーカーも台頭してきました。近年、化粧品市場の成長は加速しており、2006年に1000億人民元(約1兆3000億円)だった規模が、2010年には1530億人民元(約2兆億円)に拡大しました。市場規模において、いまや中国はアメリカに次ぐ世界第2位の化粧品消費大国です。 一方、従来型産業と呼ばれてきた化粧品業界ですが、インターネット通販での売り上げも着実に伸ばしてきています。中国のインターネット調査会社、iResearch社の「2009-2010年中国ネット通販業界発展報告」によると、化粧品は2009年のネット通販の売り上げ全体の6~9%を占め、売上高は150億人民元(約1950億円)に上りました。今年、2011年は化粧品のネット販売にとって大躍進の1年になる、とも言われています。 海外の代表的な化粧品ブランドでは、P&G社が2007年にいち早く、中国最大のeコマースマーケット“淘宝網”に電気カミソリ「Braun(ブラウン)」の旗艦店を開設、2カ月で2000個以上を販売しました。最近では、電動歯ブラシ「Oral-B」の販売を中心とする「口の健康保持センター」を、“淘宝網”内の二つ目の旗艦店としてオープンしています。

世界最大のぜいたく品消費国になる中国

中国のeコマース市場において、ブランド品や宝石などの「ぜいたく品」は次の「金のなる木」と言われています。Alipay(支付宝)が先日、杭州で開いた大会「2011 Cross-border E-payments and China Market Summit」でも、ぜいたく品のネット販売に関する講演が話題になりました。 世界ぜいたく品協会(World Luxury Association)は今年6月、東日本大震災による買い控えの影響などで、来年にも中国が日本を抜いて、世界トップのぜいたく品消費国になるとの見通しを示しました。また、中国eコマース研究センターの「2010-2011年度世界電子商取引に関する研究報告」は、中国におけるぜいたく品のネット販売が2013年までに、年間200億人民元(約2600億円)に拡大するとしています。

What customers are saying:

About Us!

Integer eget dui ante, a vestibulum augue. Suspendisse lorem diam, viverra a interdum in, facilisis eget mauris.

Any Questions! Just Contact Us: